重力を最大限に利用する。限界への挑戦が始まる

  • ホーム
  • インソールの選び方
  • 製品一覧
  • ご利用ガイド
  • よくある質問
  • 取扱い店舗

HOME > 新着情報 > 小野塚選手、3位おめでとうございます!!

新着情報

2017.05.25

小野塚選手、3位おめでとうございます!!

BMZサポート選手のスノーボード選手、中島 健太郎様より弊社インソールのご感想と

大会の結果のご報告をいただきました。

 

「 今季よりサポートいただけることとなり、BMZインソールが届いてからすぐに雪上での使用を

開始しました。(シーズンインが遅れたので、BMZインソール到着と同時に今季の雪上滑走を

開始することとなりました)

これまで、私は特に朝滑り出しの1,2本は足裏土踏まずがうっ血するような重たくだる痛いような

感覚が毎回あり、リフトでも痛みを感じながら滑走していました。しばらく滑っていると

解消するのですが、朝一にいつも不快感を感じていたし、大会などで朝から公開練習などが

ある場合はその前にならしておく必要がありました。

ちなみに、足裏の痛みについて診断等をこれまで受けていないので「足底腱膜炎」かどうかは

不明です。

また、私はスケートボードでの受傷で両膝の後十字靭帯が伸びているため、慢性的な膝痛をかかえながら

スノーボード競技を行っています。

BMZインソールを今季の頭より使い始め、現在で練習6+大会2日=今季計8日滑走の段階ですが、

以前は必ず毎回あった足裏土踏まずの痛みが発生していません。

コースギャップやポコジャンでも感じていた膝痛も相当軽くなっている感じがあります。

特に後十字靭帯の伸びがヒドイ方の左ひざ(レギュラースタンスなので前方方向の膝)は、これまで

スチール製のスポーツ医療用装具を必ず装着しないと滑れない状態でしたが、その装着をしなくても

滑走ができるほどです。以前はアメリカ生まれのブランドの足裏アーチ全体を支えるタイプの

他社製インソールを使用していましたが、その製品ではこれらの痛みの解消や軽減はできずに

いましたので、BMZインソールは私にはたいへん合っていると感じています。

私のようなシニアクラスの競技者はどこかしらケガなどで不具合を抱えている場合が多いと思います。

今回BMZインソールを使ってみて、毎回滑走が快適にできることで練習の時間を伸ばせたり、

痛みなどが軽減されることで練習の質が向上することになりました。

その結果が大会結果にも結び付き、先日2/5に行われた、JSBA地区大会、

AWC(All West Championship)のハーフパイプ競技、シニアメンクラスで優勝することができました。

大会でも、もちろんBMZインソールを入れて競技を行いました。

BMZインソールが違和感もなく足裏を支えてサポートしてくれているので、踏込や着地・微妙な

エッジワークといった様々な要素が必要とされるハーフパイプでのランですが、以前より安定感を持って

おこなうことができるようになり、技の大きさや回転数を増やすこともできています。

このあと本戦の全日本選手権もありますので、引き続きBMZインソールの力を借りて、

快適で充実したトレーニングをし、大会はもちろんスノーボーディングそのものを楽しみたいと

思います。

他社製の足裏全体を支えるタイプでは、土踏まず全体を押さえられうっ血感をはだしの時と

同じように感じていた私ですが、BMZインソールでは全体ではなく踵立方関節をより良い位置で

安定させる踵骨前部支持をソールの突起でポイント的に支持してくれるので、土踏まず全体のうっ血感を

感じず滑走していられているのではないかと自己解釈しています。

この点は、またBMZサポートとのコミュニケーションやBMZの展示会などで

学んでみたいと思っています。

インソールにも気を使うと、体や滑走に良い影響をもたらすことがあると思いますので、

気になる選手・競技者はBMZインソールも試してみると良いと思います。

最後に、BMZインソールの使用感想に付け加えるなら、私がスノーボーディングに使っている

BMZインソール(ccLp)は少し厚みがあるので、私がブーツ形状に合わせ先端を

カットしていないせいかもしれませんが、ぴったりジャストフィットのブーツを履いている場合は、

履くときに少しきつく感じることがあると思います。

BMZの展示会で直接ご担当に聞いたり、販売店のアドバイスを受けながらサイズを吟味して

購入使用をすると窮屈さを解消でき良いパフォーマンスが得られると思います。

また使用しているタイプは、インソール表面が滑りにくい素材になっています。

履いてしまったあと、ブーツ内で足がずれないのでたいへん良い反面、履くときには

少し抵抗を感じます。

以前使っていたアメリカ生まれの足裏アーチ全体を支えるタイプの他社製インソールは

滑りやすい表面素材で履きやすくはありましたが、反面滑走中にブーツ内で足が微妙にずれて

遊んでしまう感じがありました。

BMZインソールはしっかりと履いてしまえばズレずにブーツに100%力が伝えられる利点があります。

これから試用・使用をしてみたい方は、インソールのカッティングでブーツ内空間の調整をしたり、

ブーツとインソールのサイズマッチングに配慮して購入をすると快適性と性能が担保できると思います。

BMZ社のサポートに感謝しています。」

 

中島選手、ご感想ありがとうございます。また、大会での優勝おめでとうございます!!

今後とも弊社インソールが中島選手のパフォーマンス向上のお役に立てればと思います。

よろしくお願い申し上げます!